HOME>体験談>映像に関する知識を習得するには専門学校に通うのがおすすめ!

映像に関する知識を習得するには専門学校に通うのがおすすめ!

ビデオカメラ

何かがきっかけとなり、映像について興味を持つ方もいますよね。しかし、映像に関わる仕事は、知識がないと難しいことも多いので、専門学校に通うのが良いです。実際に進学を選び就職した方もいますから、あなたも学校に行って目指してみましょう。

みんなの声

就職の実績がありサポートが充実しているところがおすすめです(20代/女性)

高校生の頃から音楽にハマり、将来はMV撮影に関わる仕事に就きたいと考えていました。それなら、映像系の専門学校に行くのが有利だと思い、大学ではなく専門学校に通うことにしました。選んだ基準は、就職の実績が高く、サポートが充実していることです。現在は、運よく映像系の会社に就職し、憧れのMV撮影に携わっていますが、専門学校のスタッフが親身になって就職先を探してくれたから叶いました。卒業後はほったらかしというところもあるようなので、どれぐらいサポートしてくれるのか、卒業生などに効いてみるのも良いと思います。インターネットでは口コミの評価も知ることができるので、入学前に評判をチェックすることをおすすめします。

講師陣も充実していて総合的に学べるところがいいと思います(20代/男性)

1年前に映像系の専門学校を卒業して、現在はテレビ番組の制作会社に就職しています。カメラマンとして海外ロケに参加するなど、充実した毎日を送っています。このようにして夢が叶ったのは、講師陣が充実しており、総合的に学べる専門学校に通っていたからだと思います。実際に現場で働いている人が講義に来てくれたので、より活きた情報を得ることができました。夏休みには企業にアルバイトとして通えるなど、サポートも充実していました。在学中の様々な経験は、仕事にもいかされています。親は、大学に行くよう勧めましたが、専門学校の方がより実務的な事が学べるので、自分には合っていたようです。自分も、講義に呼ばれるくらいに成長したいと思います。