入学するためには

将来、映像クリエイターになりたいと思っているのなら、専門学校に通うのが夢への近道だと言えるでしょう。そして、専門学校に入学するためには以下の方法で受験する必要がありるので、しっかり把握しておくべきです。

試験の方法と合格するポイント

フィルム

AO入試

学力に自信がなくても、AO入試で面接官に熱意を伝えれば合格率が高まります。また、面接や小論文の提出などが必要な場合もあるので、事前に練習しておくといいでしょう。

学校推薦入試

学校推薦入試とは文字通り学校の教師に推薦してもらう方法となっています。ですので、在学中にテストで高得点を取ったり、生徒会の行事に精を出したりするといいでしょう。

一般入試

一般入試は誰もが1度は受験したことがあるような内容となっています。筆記試験はしかり、感覚テストや作文テストなどが課されることがほとんどです。

映像クリエイターへの道のり【専門学校選びは重要】

ビデオカメラ

専門学校で習えること

映像に特化した専門学校では実に様々な授業を受けられますよ。例えば、映画・映像学科というコースに入れば映画監督になるために必要なスキルを身につけられます。ですので、映画を自分で1から作りたいと思っている方に最適なコースだと言えるでしょう。また、ミュージック・クリップコースであれば、ミュージシャンやアイドルが出演するMVに携わるチャンスがありますよ。音楽が好きな方に向いていると言っても過言ではないでしょう。好きなミュージシャンと一緒に仕事をできるチャンスを掴めることから人気コースとなっていますよ。また、映画の途中途中に使われるサウンドを作成することも可能となっています。ですので、映画と音楽両方好きな方に最適ですよ。他にも、色々なコースがあるので、あなたに合ったコースを探すといいでしょう。しかし、あなたに合うコースが見つけられないのなら、専門学校に直接相談するという手もありますよ。今ではメールで相談することもできますし、専門学校に出向いて相談することも可能です。

カメラフィルム

サポート体制が整っている専門学校へ

専門学校に入学して卒業すると就職活動が始まります。しかし、映像クリエイターの就職先は一般の求人誌に掲載されていないことがほとんどです。そのままにしているとせっかくの技術や資格を活かせないので、就職などのサポートが手厚い専門学校に入学するのがベストです。また、専門学校では現役で映像クリエイターとして活躍しているプロから学べる機会もあります。